忍者ブログ

青い発泡酒として有名な流氷ドラフト。その味はどうなのか、気になる口コミを紹介!

 

カテゴリー:商品にはこんな特徴が

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流氷ドラフトの缶を激安で買えるのはここ!


オホーツクの流氷を用いて作られたという、

触れ込みで登場した流氷ドラフト。



青い発泡酒という、

独特の見た目が特徴的な流氷ドラフトですが、

そのを取り扱っている通販サイトはあるのでしょうか?



びんに比べると

かなり取り扱いは少ないのですが、

実は大手通販サイトのAmazonで取り扱いがあります。



びんよりも缶のほうが良いという方は

こちらの缶もチェックしてみてくださいね。


流氷ドラフト 350缶の最新の価格はこちらから(Amazon)



PR

仕込み水にもこだわり


青い発泡酒として、

見た目が大人気となっている

流氷ドラフト。



その見た目のインパクトのためか、

100万本を越えるヒットを記録しているのだとか。



その流氷ドラフトは、

オホーツクの流氷を使用したというのが

触れ込みとなっていますが、

実は仕込み水にも流氷をつかっているんです。



そのため、飲みやすい発泡酒となっている、

という声が多いようですよ。


流氷ドラフトの価格や詳細はこちらから(Amazon)


天然色素使用


青い液体が印象的な

網走ビールの流氷ドラフト。



その独特の見た目は

通販サイトでも売上上位に入るほどの人気です。



この青い色の元となっているのは

一体どんなものなのでしょうか?



実は天然色素のクチナシというものを使っているそうで、

これが青い液体の元となっているみたいです。



この綺麗な青色を

是非体験してみてくださいね。


流氷ドラフトの価格や詳細はこちらから(Amazon)



こんな特徴が


発泡酒の液体の色といえば

普通はどんなものをイメージするでしょうか?



普通といえば、

ビールのような色をしている、

とイメージする方がほとんどかと思います。



ですが、日本には

青い発泡酒というものがあるんです。



それが網走ビールの流氷ドラフト。



ですが、この流氷ドラフトには

青いという事以外にも特徴があるんです。



それはオホーツクの流氷を使っているという事。

この流氷は仕込み水にも使われているとの事で、

流氷に魅力を感じる方には特におすすめですよ。


流氷ドラフトの価格や詳細はこちらから(Amazon)